ティールの文脈で読み解くと、本質が見えてくる。
 
ティールの文脈で読み解くと、本質が見えてくる。
本のタイトル:「深い学び」を支える学級はコーチングでつくる
著者:若松俊介

超本質的な働き方改革のためのキーとなるのが、ティール化であると訴えています。

では、学級をティール化するためにはどうすべきなのか。

そのための実戦的なマインドセットと学級経営の在り方を知るために手に取った一冊です。

「コーチングステップ3で教師が消える」

この状態こそが、学級が真の自律性を備え、教師が管理者となった進化型(Teal)学級だと感じました。


売っているお店
坂本 良晶 店
こんな人が買いたいと言っています

新品を購入する

Amazonで購入する
もっとコンテンツを見たい人はアプリをダウンロード