中日ドラ1•根尾選手の愛読書本
 
 
¥9,999-
中日ドラ1•根尾選手の愛読書本
本のタイトル:現代語訳 論語と算盤(そろばん)
著者:渋沢栄一

※この本は電子書籍で読んだ本なので、本の紹介のみになります。

どうもブックアーマの内村です。

今回紹介する本は、いま読書家としても話題となっている、根尾選手が愛読している本になります。

この本の著作である渋沢栄一氏は、日本実業界の父と呼ばれ、明治期に資本主義の本質を見抜き、約470社の会社を設立し成功させたそうです。

そんな渋沢氏が経営哲学として使っていたのが「論語」でした。

論語とは、中国の春秋時代末期に活躍した孔子と、その弟子たちの言行録であり、
その卓越した内容から後世、中国や日本、韓国、ベトナムなどの各国に大きな影響を及ぼしていったいきました。

いずれの国においても、 「人はどう生きるべきか」 「どのように振舞うのが人として格好よいのか」
を学ぼうとするとき、その基本的教科書になっていたのがこの古典でした。

これを企業経営に当てはめ実践をし、成功を収めたのが渋沢氏です。

経営、労働、人材育成について学びたいアナタおすすめの本になります。

またブックアーマーのブログでもこの本を紹介しているのでよろしくお願い致します。^_^
http://book-armor.com/book-review/rongotosoroban/

内村 宗宏 店
もっとコンテンツを見たい人はアプリをダウンロード