「買いたい!」のスイッチを押す方法
 
「買いたい!」のスイッチを押す方法
本のタイトル:「買いたい!」のスイッチを押す方法
著者:小坂裕司

僕の観点で重要な点を4カ所付箋貼っております。

モノを売るのではなく、ワクワクを提供!

本書では、消費者の心の中に「買いたい」が起こる法則を考え、売る側が消費者の「買いたい」を計画的に引き起こす術についてお話しする。

繁栄店では日夜、顧客がどんな人生観、どんな人付き合い、どんなことに喜びを見出し、どんなことで悩んでいるか、あるいはどんなことにワクワクしているか。それを1人ひとりから聞き取り、内容を記録している。

そうやって顧客と接していると次に何を買う必要があるかがわかってくるという。ということは、とりもなおさず、次に何を仕入れるべきがわかるということだ。

だからそれを仕入れて「あなたは、次これ」と勧める。それでビジネスが成り立っていく。だから売上を作るのは苦労ではないと語っている。

昨今のマーケットの流れは低価格志向だが、本来の消費者の求めているのはモノやサービスを買いたいのではなく、「未来のワクワクすること」を買いたがっている。であるならば、売り手も作り手も、それに応じて提供していけばおのずと売上は伸びるでしょう。

※送料は当方が負担します


売っているお店
さえき ゆずる 店
こんな人が買いたいと言っています

新品を購入する

Buy amazon
もっとコンテンツを見たい人はアプリをダウンロード