生きる意味を問う小説
 
 
¥500-
生きる意味を問う小説
本のタイトル:終末のフール (集英社文庫)
著者:伊坂 幸太郎

8年後に小惑星が衝突し、地球が滅亡するというニュースが発表されてから5年が経過した一時の混乱から落ち着いた世界を仙台のマンションの住人たちが代わる代わる登場する連作短編集です。

命が残り3年と決まっている中でどう生きるべきなのか?色々と考えさせられます。
死んでしまうのになぜ生きるのかは生きていく上で避けられないテーマだと思っています。

本へのしるしは四箇所、三色ボールペンで引いてあります。

読んでいただいたら是非感想や人生観についてシェアしたいなと考えています。(強制ではありません)

疑問点等ありましたら気軽にDMをよろしくおねがいします。


売っているお店
井田 祥吾 店

新品を購入する

Buy amazon
もっとコンテンツを見たい人はアプリをダウンロード