しるし書店 誰でも古本屋を出店できるプラットフォーム

【重要なお知らせ】しるし書店サービス提供終了について

いつも、しるし書店をご利用いただきまして、ありがとうございます。
突然のご報告ではございますが、2021年7月末日をもちましてしるし書店のサービスを終了させて頂くこととなりました。
売上のお支払いに関しましては、振り込み手数料の350円を超える残高がある皆様に対して、振り込み手数料を差し引いた金額をご登録の銀行口座へ 2021年8月1日から8月10日までに随時お振り込みいたします。

[計算式]

売上 - 350円 = お支払い金額

あらためて売上金額、ご登録の銀行口座をご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

■全サービス終了日時

2021年7月31日(土)午後11時59分

※お問い合わせも含め終了となります。

ご利用のお客さまには多大なご迷惑をおかけすることになり、誠に申し訳ございません。
ご愛顧いただきましたお客さまには心より厚く御礼を申し上げますとともに、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
サービス終了まで短い期間ではございますが、引き続きしるし書店を楽しんでいただけますと幸いです。

自分の人生に影響を与える人の視点には価値がある


本は、一度読んでしまうと値段が下がってしまいます。しかし自分の人生に影響を与える人が、付箋を貼ったり、線を引いたり、メモを書いたり、"しるし"を入れた本は、むしろ、定価より高い値段でも手に入れたい人がいるのではないでしょうか?

店主がしるしを入れた、世界に一冊だけの本を売る古本屋さん


しるし書店は、そんな”しるし本”を扱う本屋さんです。誰でも出店することができます。
ルールは、「自分が読んで、気になった部分に自分で自分なりの"しるし"を入れた本だけを取り扱うこと」
『しるし書店』で売るのは「店主の視点」です。

しるし書店の楽しみ方

古本に自分なりの付加価値(たとえば付箋を貼るだけでなく、「ここは特に注意して読んで」などの手書きの手紙を同封したり)を付けて売ってみましょう。

書店をめぐってみましょう。
気になった人をフォローしてみたり、しるし本を買ってみて感想を伝えてみましょう。